「くわず女房」のこと

この民話は、岩手県紫波郡(しわぐん)をはじめとして、 日本全国にたくさん伝わっているお話だそうだ。 あらすじをすこしばかり。    * あるところに、ひどくけちな男がいて、 「飯を食わねえ嫁さまがほしいだ」と云う。 数日後、男のところに「私は飯も何にも食べませんから、嫁にしてください」 という女がやってくる。 男はどこの誰とも知らない女なのに、その…

続きを読む

来週! 7月5日 お話会のお知らせ

(チラシの絵は、水声が描きました) 来週、 7月5日(木曜日)にお話会をします。 今回は、これまたずいぶん温めてきた作品、 「くわず女房」という日本の民話を語ります。 とても聴きごたえのある作品だと思います。 作品の詳細は、また次回、ブログに書きます。 そして、今回は友人の、「トヤ珈琲」さんが出張カフェをしてくださいます。 お話会の後は…

続きを読む

6月27日、娘と自分の誕生日

遅ればせながら、娘と自分の誕生日。 娘は8歳、僕は38歳になりました。 皆様、お祝いのおことば、ありがとうございました。 朝から、家族みんなで、お誕生日おめでとう、と何度もお祝いのことば。 娘が生まれたときの日のこと、その大雨の日の様子、 自宅での出産の様子、水声やおじいちゃん、おばあちゃんに 見守られての、とてもおだやかな出産であったこと。 …

続きを読む